自筆証書遺言とは、遺言者が自分で全ての文を書き、署名し押印するものです。
自分一人で出来ますし、お金もかからない事がメリットです。遺言の内容も、その存在も知られずに済みますが、亡くなられた後に遺族が遺言の存在に気付かないと言うこともありますので、それはデメリットにもなります。書き方に不備があったら、せっかく書いた遺言が無効になってしまう事もありますし、紛失したり、時には偽造されたりしてしまう事も考えられます。そして相続人は裁判所で検認手続をしなければならないので、残された人の手間がかかってしまうのもデメリットです。
公正証書遺言とは、遺言者が公証役場へ出向き、公証人に作成してもらうものです。
多少の費用は掛かりますが、公証人が作成するため、無効な遺言となる心配がありません。また、遺言書の原本が公証役場に保管されますから、偽造や紛失の恐れもありません。裁判所での検認手続きも不要なので相続人に負担を掛けずに済みます。
ただし、公正証書遺言には、立会証人として成年二人の同行が必要です。証人には、推定相続人や、その配偶者及び直系血族、受遺者等の関係者や、未成年者は資格が有りませんので、信頼できる友人や、司法書士や弁護士等に依頼するのが一般的です。