相続に関する知識で最低限知っておかなければならないことは、財産というのはプラスの物ばかりではなく負債、つまりマイナスの財産もあるということです。そして相続をする場合には、プラスだけを選ぶことができません。ですから安易に単純相続を選ぶとあとで隠していた借金などが判明した場合には大変なことになる可能性があります。
単純相続というのはプラスもマイナスも関係なくすべての財産を相続することになります。そして一度宣言をしてしまうと取り消すことができません。
ですから相続をする前には最低限遺産を整理して、家族に内緒にしていた貯金や逆に借金などがないか確認する必要があるのです。
調べたけれどプラスとマイナスがどれだけあるのかすぐにはわからないという場合には、限定相続という方法があります。これは例えマイナスが多かった場合でもプラスの分で補える範囲だけ相続するというやり方です。プラスの財産以上のマイナス財産を引き継がなくてもいいというメリットがあります。ただし限定相続の場合には、相続人全員で行わないといけませんし、故人の死を知ってから3カ月以内に手続きをしなければならないという制限があります。
そして相続財産をプラスもマイナスも一切相続しないことを相続放棄といいます。