相続財産としてわかりやすいのは貯金や土地建物といった不動産だと思います。しかし相続できるものは多岐にわたります。何が相続することができるのか知らないですべてを相続してしまう単純相続を選んでしまうと後々トラブルの原因になる可能性があるので注意が必要です。
まずトラブルになりやすい財産の代表が債務などの借金です。故人が家族に秘密にしていたローンなどがあった場合も相続の対象になります。ただし身元保証や信用保証といった債務は対象外です。
もしも故人が交通事故など不慮の事故で亡くなった場合には、損害賠償請求権が相続の対象になります。これは事故にあった本人が生きていれば取得することができたであろう収入や慰謝料などに対して遺族が請求することができる権利です。
また生命保険も受取人が個人本人になっていた場合には相続の対象として認められます。生命保険の受取人が相続人の中に指定されている場合にはその人の権利になりますから相続の対象になるとは限りません。
このように相続できる財産というのはプラスもマイナスも多岐にわたります。その他注意しなければいけないのは故人の身分によって保証されていた権利や義務は相続することができないので注意が必要です。