遺産相続の際に、財産の分配方法をきちんと理解しておくことは非常に重要です。近年では、遺産相続に関連するトラブルが全国的に増加傾向にあると言われており、定期的に親族間で話し合いをすることや、具体的な財産の種類や金額についてあらかじめ把握をすることが良いとされます。例えば、遺産相続財産を分配する際には、法定相続人の人数に従って、均等に相続する方法が一般的なものとなっています。ただし、土地や家屋などの不動産に関しては、すぐに現金にすることが難しいといった問題点があるため、土地家屋調査士や不動産鑑定士などのアドバイスを受けながら、おおよその価値を算出することにより、各相続人との協議を行うことが勧められています。相続財産の分配に関しては、トラブルの原因となりやすいことが指摘されているため、遺産分割協議などを欠かさずに行うことが求められます。また、もしも相続人の間で話し合いが決裂してしまったり、有意義な遺産相続を行いたい場合には、家庭裁判所に申し立てをすることも有効です。特に、相続人の人数が複数であったり、それほど親しくない相続人がいるときには、家庭裁判所の調停や裁判が大いに役に立つと言われています。