» 未分類のブログ記事

遺産相続の際に、財産の分配方法をきちんと理解しておくことは非常に重要です。近年では、遺産相続に関連するトラブルが全国的に増加傾向にあると言われており、定期的に親族間で話し合いをすることや、具体的な財産の種類や金額についてあらかじめ把握をすることが良いとされます。例えば、遺産相続財産を分配する際には、法定相続人の人数に従って、均等に相続する方法が一般的なものとなっています。ただし、土地や家屋などの不動産に関しては、すぐに現金にすることが難しいといった問題点があるため、土地家屋調査士や不動産鑑定士などのアドバイスを受けながら、おおよその価値を算出することにより、各相続人との協議を行うことが勧められています。相続財産の分配に関しては、トラブルの原因となりやすいことが指摘されているため、遺産分割協議などを欠かさずに行うことが求められます。また、もしも相続人の間で話し合いが決裂してしまったり、有意義な遺産相続を行いたい場合には、家庭裁判所に申し立てをすることも有効です。特に、相続人の人数が複数であったり、それほど親しくない相続人がいるときには、家庭裁判所の調停や裁判が大いに役に立つと言われています。

配偶者や親が亡くなった際にしなければいけない事は色々ありますが、その中で厄介なのが遺産整理です。
日本の法律では、故人の財産は相続人が受け継ぐことが、義務づけられています。
遺産には、保険金や借金のように、はっきりした金額が分かる遺産と、美術品や骨董品にも、財産価値が付き、対象となります。
具体的には、有名な絵画や骨董品などを指します。このような遺産はお金に換えられることから、相続財産に含まれます。
同時に、相続財産に含まれるということは、相続税が課税されるということです。
しかし相続税は、最低でも6000万円以上の相続財産がなければ支払う必要はありません。
数十万円程度のものであれば、相続人が複数人なら、通常は分け合うことになります。そして、この場合には、家財という扱いになります。
しかし、美術品や骨董品は、その価値を見極めるのはとても難しく、平等に配分しなければいけない可能性もある為、鑑定士に依頼する必要があります。
専門の鑑定士には、当然それなりの鑑定料というものが必要になります。
むしろ鑑定費用の方が高かったというケースも少なくはありません。また、後になって相続争いが起こる可能性もあることから、生前から鑑定をしてもらっておくのが望ましいでしょう。

相続財産としてわかりやすいのは貯金や土地建物といった不動産だと思います。しかし相続できるものは多岐にわたります。何が相続することができるのか知らないですべてを相続してしまう単純相続を選んでしまうと後々トラブルの原因になる可能性があるので注意が必要です。
まずトラブルになりやすい財産の代表が債務などの借金です。故人が家族に秘密にしていたローンなどがあった場合も相続の対象になります。ただし身元保証や信用保証といった債務は対象外です。
もしも故人が交通事故など不慮の事故で亡くなった場合には、損害賠償請求権が相続の対象になります。これは事故にあった本人が生きていれば取得することができたであろう収入や慰謝料などに対して遺族が請求することができる権利です。
また生命保険も受取人が個人本人になっていた場合には相続の対象として認められます。生命保険の受取人が相続人の中に指定されている場合にはその人の権利になりますから相続の対象になるとは限りません。
このように相続できる財産というのはプラスもマイナスも多岐にわたります。その他注意しなければいけないのは故人の身分によって保証されていた権利や義務は相続することができないので注意が必要です。

相続に関する知識で最低限知っておかなければならないことは、財産というのはプラスの物ばかりではなく負債、つまりマイナスの財産もあるということです。そして相続をする場合には、プラスだけを選ぶことができません。ですから安易に単純相続を選ぶとあとで隠していた借金などが判明した場合には大変なことになる可能性があります。
単純相続というのはプラスもマイナスも関係なくすべての財産を相続することになります。そして一度宣言をしてしまうと取り消すことができません。
ですから相続をする前には最低限遺産を整理して、家族に内緒にしていた貯金や逆に借金などがないか確認する必要があるのです。
調べたけれどプラスとマイナスがどれだけあるのかすぐにはわからないという場合には、限定相続という方法があります。これは例えマイナスが多かった場合でもプラスの分で補える範囲だけ相続するというやり方です。プラスの財産以上のマイナス財産を引き継がなくてもいいというメリットがあります。ただし限定相続の場合には、相続人全員で行わないといけませんし、故人の死を知ってから3カ月以内に手続きをしなければならないという制限があります。
そして相続財産をプラスもマイナスも一切相続しないことを相続放棄といいます。

自筆証書遺言とは、遺言者が自分で全ての文を書き、署名し押印するものです。
自分一人で出来ますし、お金もかからない事がメリットです。遺言の内容も、その存在も知られずに済みますが、亡くなられた後に遺族が遺言の存在に気付かないと言うこともありますので、それはデメリットにもなります。書き方に不備があったら、せっかく書いた遺言が無効になってしまう事もありますし、紛失したり、時には偽造されたりしてしまう事も考えられます。そして相続人は裁判所で検認手続をしなければならないので、残された人の手間がかかってしまうのもデメリットです。
公正証書遺言とは、遺言者が公証役場へ出向き、公証人に作成してもらうものです。
多少の費用は掛かりますが、公証人が作成するため、無効な遺言となる心配がありません。また、遺言書の原本が公証役場に保管されますから、偽造や紛失の恐れもありません。裁判所での検認手続きも不要なので相続人に負担を掛けずに済みます。
ただし、公正証書遺言には、立会証人として成年二人の同行が必要です。証人には、推定相続人や、その配偶者及び直系血族、受遺者等の関係者や、未成年者は資格が有りませんので、信頼できる友人や、司法書士や弁護士等に依頼するのが一般的です。

故人が生前に作成した遺言書には様々な「故人の願い」が記載されており、遺族となった人はその遺言書を見ながら、個人の財産を処分していくというようなことが少なくありません。
しかしながら遺言書の作成に当たってはさまざまな知識が必要となりますし、闘病などによって自筆で遺言を書くことが出来なくなってしまっている人がいるのも事実です。
そうした際に便利になるのが、適切な法律知識を有した公証人に遺言書を作成してもらう公正証書遺言ですが、これを作成する際には公証人手数料がかかってくることを忘れてはなりません。
この手数料としてはいくつかの種類がありますが、基本的にまずかかってくるのが「相続人ごとに受け取る財産の価格」によって決定される手数料です。
100万円以下の場合は5千円、200万円以下の場合は7千円、500万円以下の場合は1万1千円、1000万円以下の場合は1万7千円というようになるのが現在の基準です。
これ以上になるとさらに高額になってくることとなりますが、1億円までの場合なら4万3千円となっていますから、ほとんどの場合この部分で5万円以上がかかることはないでしょう。
これに加えてかかってくるのが正本や謄本の交付手数料で、これらは1枚につき250円、公証人に出張で作成をしてもらう場合には4時間以上の作業で2万円、それより短い場合は1万円というようになってきます。
また交通費や輸送量実費などもかかってくることがありますから、公証人に遺言の作成を依頼する際には事前に費用に関する質問をしておくようにしましょう。

手続きの方法が難解

| 未分類 |

自らの身に万が一のことがあった場合であっても、遺産について思い通りの相続が進むようにするためには、遺言書を生前に残しておくことが求められます。
この遺言書については、遺言者が自筆で作成する「自筆証書遺言」と呼ばれる形式がもっとも基本的なものとなりますが、そのほかにも「公正証書遺言」と呼ばれる特別な形式のものが認められています。
「公正証書遺言」は、公証人役場において、証人の立会いのもとで、遺言の内容を公証人と呼ばれる特別な公務員が聞き取り、公正証書として作成するものです。
遺言者が自書できない場合でも作成可能であるほか、遺言書が公証人役場に保管され改ざんや紛失のおそれがなく、しかも家庭裁判所の検認を必要としないなどのメリットがあります。
ただし、この「公正証書遺言」は、法律によって手続きが厳格に定められているため、素人にとっては多少難解であるともいえます。
例えば、証人2人以上が立ち会うこと、遺言者が遺言したい趣旨を公証人に口頭で伝えること、公証人が筆記した内容を遺言者と証人に読み聞かせること、遺言者と証人が各自署名捺印すること、公証人が所定の形式に則ったものであることを付記して署名押印すること、などがその作成にあたって必要とされています。

公正証書遺言は、公証人に作成してもらう遺言のことです。近年遺言を書く人が増えています。公正証書遺言の作成件数も増加傾向にあります。公証人は法律の専門家しかなれません。法務局に所属をしている公務員です。公証役場で取り扱っています。公正証書遺言にも、デメリットはあります。まず、遺言に書いてあることが、知られてしまうということです。公証人と証人には内容がわかるのです。公正証書遺言を作るには、証人が二人以上必要になります。このことから、秘密にすることが出来なくなってしますのです。しかし行政書士や司法書士に頼む場合は、秘密が守られます。しかし、その分の費用はかかることになります。
次に、公正証書遺言を作るには、何度か公証役場に出向かなければいけません。そして、作成のために手数料がかかります。このように、自分で書く遺言と違って、手間や費用がかかります。面倒だからといって定められた手続をしなければ、公正証書遺言とは扱われません。手間を省くために、公正証書遺言の作成をすべて専門家に依頼をするとなれば、コストが高くなってしますのです。財産が多ければ多いほど、公証人にかかる手数料が高くなります。このように、問題点はいくつかあります。

亡くなった後のことを考えて整然に遺言を残しておく人も多いですが、その内容に不備があるとそれを実行することはできません。
そして遺言が新たなトラブルのもととなってしまうことも少なくないものです。
遺言は筆記で記入しておくことが基本ですが、なかには筆記ではなくビデオやテープレコーダーなどの音声として残されている場合もあり、そうした場合は有効にならないこともあります。
とはいえ、すでに体がうまく動かせないなどで遺言者が筆記ができないこともあるものです。
こうした場合は遺言が残せないのかとなりますが、必ずしもそうではなく対応策はあります。

まず公証人に出張で来てもらい公正証書遺言を作成するという方法があります。
かなり緊急の場合であれば、公証人を3人以上用意し、そのひとりに口頭で遺言の内容を伝えます。
そしてその内容を知らされた証人が内容を筆記し、それを遺言を残したい人や証人に見せて確認を行ないます。
その内容に不備がなければ署名や押印を行います。

場合によっては遺言を残した人が署名できない場合もありますが、そうした場合も公証人がその事由を記入して署名に変えることもできます。

この場合も証人が3人以上用意できれば公証人を用意する必要はありません。